スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビフォア・サンセット

忘れられない人との再会。
誰もが一度くらいは、願ってしまうことだろう。
もしもあの時…、もしももう一度出会えたら…。
そういう想いは、たぶん年を重ねるごとに増えていくんだろうなぁ。
そういう”誰か”を思い出さずにはいられなくなる作品。

恋愛映画の多くはハッピーエンドで終わる。
けれど、どうせ3年後には次の(運命的な)出会いが待ってるんでしょ?なんて、思ってしまう人。
…それは私ですが、この作品はそんな現実的思考に沿ったリアルなラブ・ストーリーだと思う。

「恋人までの距離(ビフォア・サンライズ)」で出会った2人の、9年後の再会の物語。

かつてユーロトレインで出会い、ウィーンで一晩だけすごしたジェシーとセリーヌ。
意気投合したものの、半年後に再会する約束だけをして別れてしまう。
けれども、約束が果たせぬままに9年が過ぎる。
ジェシーはセリーヌとの出会いを小説にし、そのプロモーションで再びパリを訪れた。

再会した2人は、わずかな間に9年分の積もる話をする。
再会が果たせなかった理由、今の生活や恋愛のこと、価値観、それから…。

すっごいリアルな会話がどんどん飛び出てくる。
けれども、この2人、なかなか本当の気持ちが言えないらしい。
タイムリミットが近づくにつれて焦りとじれったさが表面にでてきて、観ているこっちまで焦ってしまう。

うーーーーー!早く、好きだと言え!!

もうすぐ映画が終わってしまうのに、あんたたちどうするの?!……って、最後の最後まで、じらされる。
巧みな戦略だわ。

年を取ると、好きっていうだけではどうにもならないことあるんだなと思った。
お互いのポリシーとか、状況とか、いろいろ複雑になってしまうんだね。

別に前作を観なくても楽しめると思うけど、前作は前作でおもしろい。
これまた、最後まで引っ張るジェットコースター的会話劇。
登場人物の過去と今を観れるなんてあまりないから、よりリアルに感じられる。

恋愛って、難しい。

お気に入り度 ★★★★

<データ>
2004年アメリカ
監督 リチャード・リンクレーター
出演 イーサン・ホーク/ジェリー・デルピー
公式サイト
スポンサーサイト

ビフォア・サンセット

忘れられない人との再会。
誰もが一度くらいは、願ってしまうことだろう。
もしもあの時…、もしももう一度出会えたら…。
そういう想いは、たぶん年を重ねるごとに増えていくんだろうなぁ。
そういう”誰か”を思い出さずにはいられなくなる作品。

恋愛映画の多くはハッピーエンドで終わる。
けれど、どうせ3年後には次の(運命的な)出会いが待ってるんでしょ?なんて、思ってしまう人。
…それは私ですが、この作品はそんな現実的思考に沿ったリアルなラブ・ストーリーだと思う。

「恋人までの距離(ビフォア・サンライズ)」で出会った2人の、9年後の再会の物語。

かつてユーロトレインで出会い、ウィーンで一晩だけすごしたジェシーとセリーヌ。
意気投合したものの、半年後に再会する約束だけをして別れてしまう。
けれども、約束が果たせぬままに9年が過ぎる。
ジェシーはセリーヌとの出会いを小説にし、そのプロモーションで再びパリを訪れた。

再会した2人は、わずかな間に9年分の積もる話をする。
再会が果たせなかった理由、今の生活や恋愛のこと、価値観、それから…。

すっごいリアルな会話がどんどん飛び出てくる。
けれども、この2人、なかなか本当の気持ちが言えないらしい。
タイムリミットが近づくにつれて焦りとじれったさが表面にでてきて、観ているこっちまで焦ってしまう。

うーーーーー!早く、好きだと言え!!

もうすぐ映画が終わってしまうのに、あんたたちどうするの?!……って、最後の最後まで、じらされる。
巧みな戦略だわ。

年を取ると、好きっていうだけではどうにもならないことあるんだなと思った。
お互いのポリシーとか、状況とか、いろいろ複雑になってしまうんだね。

別に前作を観なくても楽しめると思うけど、前作は前作でおもしろい。
これまた、最後まで引っ張るジェットコースター的会話劇。
登場人物の過去と今を観れるなんてあまりないから、よりリアルに感じられる。

恋愛って、難しい。

お気に入り度 ★★★★

<データ>
2004年アメリカ
監督 リチャード・リンクレーター
出演 イーサン・ホーク/ジェリー・デルピー
公式サイト

2046

なんでウォン・カーウァイの映像って、ノスタルジックなのに未来的なんだろう。
「2046」に限らず、どの作品でもそう思う。
未来なのに過去みたいで、過去なのに未来みたい。
…全くの別世界。
そんな感じがする。

「2046」はふたつのストーリーが絡み合っている。
1960年代の香港で、近未来小説を書く男の話。
2046に向かう列車の中にいる、小説の中の男。
未来と現在、空想と現実が入り乱れたラブストーリー。

視線やため息の一つ一つが、今にもあふれ出しそうな彼らの想いを感じさせる。
こんなにせつないラブストーリーは、そうそうない。

「花様年華」を観るともっとわかりやすくなるかも。
チャウのちょっと前の話。
でも、私が一番好きなのはやっぱり「恋する惑星」。

この映画、全国ロードショーとかしない方が良かったんじゃないかなと思う。
キムタクだから観た人は微妙な感じだろうなぁ。

お気に入り度 ★★★★

<データ>
2004年香港
監督 ウォン・カーウァイ
出演 トニー・レオン/木村拓哉/フェイ・ウォン/チャン・ツイィー
公式サイト






2046

なんでウォン・カーウァイの映像って、ノスタルジックなのに未来的なんだろう。
「2046」に限らず、どの作品でもそう思う。
未来なのに過去みたいで、過去なのに未来みたい。
…全くの別世界。
そんな感じがする。

「2046」はふたつのストーリーが絡み合っている。
1960年代の香港で、近未来小説を書く男の話。
2046に向かう列車の中にいる、小説の中の男。
未来と現在、空想と現実が入り乱れたラブストーリー。

視線やため息の一つ一つが、今にもあふれ出しそうな彼らの想いを感じさせる。
こんなにせつないラブストーリーは、そうそうない。

「花様年華」を観るともっとわかりやすくなるかも。
チャウのちょっと前の話。
でも、私が一番好きなのはやっぱり「恋する惑星」。

この映画、全国ロードショーとかしない方が良かったんじゃないかなと思う。
キムタクだから観た人は微妙な感じだろうなぁ。

お気に入り度 ★★★★

<データ>
2004年香港
監督 ウォン・カーウァイ
出演 トニー・レオン/木村拓哉/フェイ・ウォン/チャン・ツイィー
公式サイト





ラン・ローラ・ラン

赤毛の女の子が彼氏を助けるために、走る!走る!!走る!!!

それだけ。
…いえいえ。なんてたって、映像が魅せる。
ただ「走る」だけなのに飽きさせない。
テクノ(?)に乗ってに駆け抜ける。
ここまで必死に走っていて、最期のあっけないくらいの爽快感が良いです。

ただ、ほとんど走っているから、人によってはすぐ飽きちゃうかもしれない。

お気に入り度 ☆☆☆

<データ>
1998年 ドイツ
監督 トム・ティグマ
出演 フランカ・ポテンテ/モーリッツ・ブライプト
 







ラン・ローラ・ラン

赤毛の女の子が彼氏を助けるために、走る!走る!!走る!!!

それだけ。
…いえいえ。なんてたって、映像が魅せる。
ただ「走る」だけなのに飽きさせない。
テクノ(?)に乗ってに駆け抜ける。
ここまで必死に走っていて、最期のあっけないくらいの爽快感が良いです。

ただ、ほとんど走っているから、人によってはすぐ飽きちゃうかもしれない。

お気に入り度 ☆☆☆

<データ>
1998年 ドイツ
監督 トム・ティグマ
出演 フランカ・ポテンテ/モーリッツ・ブライプト
 






世界でいちばん不運で幸せな私

「ゲームにのる?のらない?」
幼馴染の二人が始めたゲーム。
始めはただのいたずらだったのに、大人になるにつれて過激になり、お互いの気持ちまでもすれ違っていく…

この2人、観ていてじれったくなるの!
はやく告白しなさい!!って。ばんばんテーブル叩いて観てました。
このじれったさが最後まで引っ張ります。
前半の子どもの頃のやり取りが…かわいい。
大人になると、素直になるってむずかしいんだよね。

支離滅裂でファンタジック。
フランス映画の独特な空気とテンポです。
「アメリ」は苦手な私だけど、この作品は好き。
ティム・バートン作品とか好きな人なら結構楽しめるんじゃないかな?

お気に入り度 ☆☆☆☆  
<データ>
2004年 フランス
監督 ヤン・サミュエル
出演 マリオン・コティヤール/ギョーム・カネ
公式HP



世界でいちばん不運で幸せな私

「ゲームにのる?のらない?」
幼馴染の二人が始めたゲーム。
始めはただのいたずらだったのに、大人になるにつれて過激になり、お互いの気持ちまでもすれ違っていく…

この2人、観ていてじれったくなるの!
はやく告白しなさい!!って。ばんばんテーブル叩いて観てました。
このじれったさが最後まで引っ張ります。
前半の子どもの頃のやり取りが…かわいい。
大人になると、素直になるってむずかしいんだよね。

支離滅裂でファンタジック。
フランス映画の独特な空気とテンポです。
「アメリ」は苦手な私だけど、この作品は好き。
ティム・バートン作品とか好きな人なら結構楽しめるんじゃないかな?

お気に入り度 ☆☆☆☆  
<データ>
2004年 フランス
監督 ヤン・サミュエル
出演 マリオン・コティヤール/ギョーム・カネ
公式HP


エターナル・サンシャイン

カウフマンの脚本にしてはエキセントリックさに欠けるけど、ちょっと変わったラブストーリーとして楽しめました。
いつのまにか存在が身近になると、見えなくなってしまう部分がある。
そして彼らは記憶を消すという行動に走ったわけだけど…記憶はどうにかなっても感情まではどうにもならなかったみたい。
記憶を消す装置とかは現実にはありえないけれど、彼らの悩みは誰もが抱えるもの。
作り物感と現実感のバランスが絶妙!

こういう作品大好きです。
恋がしたくなる。

お気に入り度 ☆☆☆☆☆

<データ>
2004年アメリカ
監督 ミシェル・ゴンドリー
脚本 チャーリー・カウフマン
出演 ジム・キャリー/ケイト・ウィンスレット 他
公式HP


エターナル・サンシャイン

カウフマンの脚本にしてはエキセントリックさに欠けるけど、ちょっと変わったラブストーリーとして楽しめました。
いつのまにか存在が身近になると、見えなくなってしまう部分がある。
そして彼らは記憶を消すという行動に走ったわけだけど…記憶はどうにかなっても感情まではどうにもならなかったみたい。
記憶を消す装置とかは現実にはありえないけれど、彼らの悩みは誰もが抱えるもの。
作り物感と現実感のバランスが絶妙!

こういう作品大好きです。
恋がしたくなる。

お気に入り度 ☆☆☆☆☆

<データ>
2004年アメリカ
監督 ミシェル・ゴンドリー
脚本 チャーリー・カウフマン
出演 ジム・キャリー/ケイト・ウィンスレット 他
公式HP

Template Designed by DW99

テクノラティプロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。