スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォーガットン(ネタバレあり)

これ、3月に飛行機の中でみました。
もう公開だからここにもメモっておきます。

かつて事故で息子を亡くしたテリー。
ある日家族写真から息子の姿が消えていた。
そして、次第に周囲の人間が「息子なんていないよ」と口にする…。

自分が壊れているのか?周囲が異常なのか?
一体何が起きているのか?!

前半はこんな風に、ドキドキしながらみてました。
 
以下完全にネタバレです。
既に観た、あるいはどーしても気になるかただけどうぞ。




...続きを読む

スポンサーサイト

フォーガットン(ネタバレあり)

これ、3月に飛行機の中でみました。
もう公開だからここにもメモっておきます。

かつて事故で息子を亡くしたテリー。
ある日家族写真から息子の姿が消えていた。
そして、次第に周囲の人間が「息子なんていないよ」と口にする…。

自分が壊れているのか?周囲が異常なのか?
一体何が起きているのか?!

前半はこんな風に、ドキドキしながらみてました。
 
以下完全にネタバレです。
既に観た、あるいはどーしても気になるかただけどうぞ。



...続きを読む

es(エス)

始まりは、ある大学の心理学部が出した新聞広告。
「被験者求む。模擬刑務所で2週間の心理実験。―」
タクシー運転手のタレクは、この実験の記事を書き、ジャーナリストとして再起しようとしていた。
集まった被験者達は「看守役」と「囚人役」に分けられ、模擬刑務所に収容された。
そしてルールに従い、「役」を演じるだけのはずだったのだが…。

この映画はどんなサイコ映画よりも怖い。
誰もが秘めている凶暴性、人間の心理の脆弱さを浮き彫りにしている。
看守は看守らしく、囚人は囚人らしく。
「状況」が「役割」が、彼らの人格を歪めていく。
歪められた人格の責任は誰にかかるのか?

これ、本当に行われた実験なんだよね。
しかも本国アメリカでは今だに訴訟中であり、映画も未公開。
だからこそ、よけいに恐ろしい。
社会学や心理学を勉強している人には馴染みのある事例でしょう。

大なり小なり、人間は役割を演じて生きている。
「部長」「○○社の営業」「母親」…。
部長は部長らしく、母親は母親らしく。

「どこまで人格を保てるか?」
映画の登場人物もそうだけど、同時にそれは観客に対する警告でもある。
状況に社会化される中で、時には自分に問いかけるべきなのかもしれない。
「今の自分は本当の自分なのか?」ってね。

ごめんなさい。
社会学部出身なので、ついそっち系の感想になってしまいました。
人間の恐怖を浮き彫りにした映画として、純粋に恐ろしくなるでしょう。
ハマリます。

お気に入り度 ☆☆☆☆

<データ>
2002年ドイツ
監督 オリバー・ヒルツェヴィゲル
出演 モーリッツ・ブライプトロイ(「ラン・ローラ・ラン」)
公式サイト




es(エス)

始まりは、ある大学の心理学部が出した新聞広告。
「被験者求む。模擬刑務所で2週間の心理実験。―」
タクシー運転手のタレクは、この実験の記事を書き、ジャーナリストとして再起しようとしていた。
集まった被験者達は「看守役」と「囚人役」に分けられ、模擬刑務所に収容された。
そしてルールに従い、「役」を演じるだけのはずだったのだが…。

この映画はどんなサイコ映画よりも怖い。
誰もが秘めている凶暴性、人間の心理の脆弱さを浮き彫りにしている。
看守は看守らしく、囚人は囚人らしく。
「状況」が「役割」が、彼らの人格を歪めていく。
歪められた人格の責任は誰にかかるのか?

これ、本当に行われた実験なんだよね。
しかも本国アメリカでは今だに訴訟中であり、映画も未公開。
だからこそ、よけいに恐ろしい。
社会学や心理学を勉強している人には馴染みのある事例でしょう。

大なり小なり、人間は役割を演じて生きている。
「部長」「○○社の営業」「母親」…。
部長は部長らしく、母親は母親らしく。

「どこまで人格を保てるか?」
映画の登場人物もそうだけど、同時にそれは観客に対する警告でもある。
状況に社会化される中で、時には自分に問いかけるべきなのかもしれない。
「今の自分は本当の自分なのか?」ってね。

ごめんなさい。
社会学部出身なので、ついそっち系の感想になってしまいました。
人間の恐怖を浮き彫りにした映画として、純粋に恐ろしくなるでしょう。
ハマリます。

お気に入り度 ☆☆☆☆

<データ>
2002年ドイツ
監督 オリバー・ヒルツェヴィゲル
出演 モーリッツ・ブライプトロイ(「ラン・ローラ・ラン」)
公式サイト



ザ・インタープリンター

要人の暗殺計画を聞いてしまった国連通訳と、計画を阻止&通訳のガードをするシークレット・サービス。
過去に傷を抱えた二人、深まる謎、犯人は誰?

大筋の設定とか筋とかはいいと思うんだけど、インパクトがない。
テーマが散在してる感じがする。
いらないエピソードも多い気がするし、ひねりも微妙…。
結局、普通のサスペンスになっちゃてました。
どーもしっくりこない。驚きが無い。

だって、私の印象に残っているシーンは、ショーンペンの額の皺と二コールの横笛。
こんなすごい役者つかってるのに、もったいない!

お気に入り度 ☆☆

<データ>
2005年アメリカ
監督 シドニー・ポラック
出演 二コール・キッドマン/ショーン・ペン
公式サイト


ザ・インタープリンター

要人の暗殺計画を聞いてしまった国連通訳と、計画を阻止&通訳のガードをするシークレット・サービス。
過去に傷を抱えた二人、深まる謎、犯人は誰?

大筋の設定とか筋とかはいいと思うんだけど、インパクトがない。
テーマが散在してる感じがする。
いらないエピソードも多い気がするし、ひねりも微妙…。
結局、普通のサスペンスになっちゃてました。
どーもしっくりこない。驚きが無い。

だって、私の印象に残っているシーンは、ショーンペンの額の皺と二コールの横笛。
こんなすごい役者つかってるのに、もったいない!

お気に入り度 ☆☆

<データ>
2005年アメリカ
監督 シドニー・ポラック
出演 二コール・キッドマン/ショーン・ペン
公式サイト

ヴィレッジ(ネタバレあり)

どーせつまらないだろうと思って観ると…結構おもしろいかも。

テーマは「愛」。
観てない人のためにも詳しいことは言えないけれど、愛についてのお話です。
サスペンス色はそんなに強くはないと感じました。
「サイン」は最悪だけど、どちらかと言えば「シックス・センス」よりの作品だと思います。
変な期待しないで、普通にみるべきです。

お気に入り度 ☆☆☆

<データ>
2004年アメリカ
監督・脚本 M・ナイト・シャマラン


以下ネタバレ。どっちも観た人だけどうぞ。

...続きを読む

ヴィレッジ(ネタバレあり)

どーせつまらないだろうと思って観ると…結構おもしろいかも。

テーマは「愛」。
観てない人のためにも詳しいことは言えないけれど、愛についてのお話です。
サスペンス色はそんなに強くはないと感じました。
「サイン」は最悪だけど、どちらかと言えば「シックス・センス」よりの作品だと思います。
変な期待しないで、普通にみるべきです。

お気に入り度 ☆☆☆

<データ>
2004年アメリカ
監督・脚本 M・ナイト・シャマラン


以下ネタバレ。どっちも観た人だけどうぞ。

...続きを読む

dot the i(ドット・ジ・アイ)

「すべてはキスから始まった。」

答えは「YES」でもあり、「NO」でもある。
つまり誰の視点で答えるかによるのだ。
婚約者、女、キスした男、そしてもう一つの視線。
ただし、一つのキスが彼らの運命を変えたのは間違いない。

ただの三角関係のラブストーリーだったらつまらないけど…
もしかしたら…?
でも、まさか…?!
あっ!
ふふーん。
って感じでした。

絶対に何も考えないで観てください。
前半と後半は全く違う作品です。

お気に入り度 ☆☆☆☆

<データ>
2003年イギリス=スペイン合作
出演 ガエル・ガルシア・ベルナル/ナタリア・ヴェルケ/ジェームズ・ダーシー
監督・脚本 マシュー・パークヒル
公式HP



dot the i(ドット・ジ・アイ)

「すべてはキスから始まった。」

答えは「YES」でもあり、「NO」でもある。
つまり誰の視点で答えるかによるのだ。
婚約者、女、キスした男、そしてもう一つの視線。
ただし、一つのキスが彼らの運命を変えたのは間違いない。

ただの三角関係のラブストーリーだったらつまらないけど…
もしかしたら…?
でも、まさか…?!
あっ!
ふふーん。
って感じでした。

絶対に何も考えないで観てください。
前半と後半は全く違う作品です。

お気に入り度 ☆☆☆☆

<データ>
2003年イギリス=スペイン合作
出演 ガエル・ガルシア・ベルナル/ナタリア・ヴェルケ/ジェームズ・ダーシー
監督・脚本 マシュー・パークヒル
公式HP


Template Designed by DW99

テクノラティプロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。