スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イブラヒムおじさんとコーランの花たち

家族の愛を知らない少年モモに、人生のすばらしさを教えたのは、年老いたトルコ商人―。

イブラヒムは万引きをしたモモをとがめるのではなく、静かに見守っていった。
そして、モモもイブラヒムを慕うようになり、孤独から解き放つ。
どちらかが一方的に享受するのではなく、二人はそれぞれの隙間を生めあうような関係。

イブラヒムは人生のすばらしさをモモに語ってきかせるのだけど、意味ありげなことをさらりと言ってしまう。
そのさらりとした感じがイブラヒムの魅力。
いつも一人で店番しているただのおじさんなのに、威厳がある。
きっと、彼が本当に穏やかだから。

人生の楽しさ、すばらしさなんて、言うほど簡単にみつかるものじゃない。
おだやかで、広い心があってこそ、すばらしいと思えるんだろう。
モモがイブラヒムから受け継いだのは、そうした”心”だったのに違いない。

イブラヒムの故郷までの旅の中で、トルコのコンヤという町のメブラーナの舞が登場した。
白い服の神官がくるくる回る踊り。
神秘的だという話を聞いたことがあったけど、ここで見られるなんてびっくり。
本物みてみたいなー。
イスタンブルもカッパドキアも出てきましたね。
私にとって、トルコはすごく馴染みのある国。
モモの回りにくっついてくる子どもたちとか、そのまんま。
たぶん、イブラヒムの故郷はイラン寄り、クルド人のエリアだろうな。

私たちは多忙な日常を消化しているけれど、そんな中で、心を取り戻せる映画だと思います。
じんわり響いてくる物語でした。

お気に入り度 ★★★★

<データ>
2004年フランス
監督 フランソワ・デュペイロン
出演 オマー・シャリフ
公式サイト



スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://raka.blog12.fc2.com/tb.php/101-b18e08f8

「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」
少し硬い話かと思っていたら、違ってましたね。フランスは16歳だと街の女の人と遊べるのか~。さすが愛の国。と言う話ではなくて、人生を楽しんでいない父親に育てられた少年が、移民の老人に「笑っていると幸せがくる」と教えてもらい、彼と一緒に自分の人生を歩み始める。

コメント

大好きです
「ウィスキー」に続き、こちらにもTBさせていただきますね。
良い作品だったのに、あまり話題になってなかったので・・・。
私はモモの父親が許せません。自分が人生を楽しまないばかりか、あんなひどい仕打ちをするなんて。
「笑っていれば幸せがくる」は、度々思い返したい言葉です。
いー映画ですよね。
TB&コメント、ありがとうございます。
もじもじ猫さんのおっしゃるとおり、もっと話題になってほしい作品ですよね。
こーゆー作品こそ、もっと広まればいいのに…。
モモの父親は自分のことしか考えられないかわいそうな人だと思いました。
何が幸せか、わからなくなってしまうんだろうなぁ。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

テクノラティプロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。