スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エターナル・サンシャイン

カウフマンの脚本にしてはエキセントリックさに欠けるけど、ちょっと変わったラブストーリーとして楽しめました。
いつのまにか存在が身近になると、見えなくなってしまう部分がある。
そして彼らは記憶を消すという行動に走ったわけだけど…記憶はどうにかなっても感情まではどうにもならなかったみたい。
記憶を消す装置とかは現実にはありえないけれど、彼らの悩みは誰もが抱えるもの。
作り物感と現実感のバランスが絶妙!

こういう作品大好きです。
恋がしたくなる。

お気に入り度 ☆☆☆☆☆

<データ>
2004年アメリカ
監督 ミシェル・ゴンドリー
脚本 チャーリー・カウフマン
出演 ジム・キャリー/ケイト・ウィンスレット 他
公式HP

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://raka.blog12.fc2.com/tb.php/32-0f33f75e

エターナル・サンシャイン
エターナル・サンシャイン理解不能。でも…やさしさいっぱい。不思議さいっぱい。「マルコヴィッチの穴」「アダプテーション」「ヒューマンネイチュア」で有名な脚本家、チャーリー・カウフマンの最新作。数々のハゲを使い、不思議世界へと誘ってきた自ら

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

テクノラティプロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。