スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーターサイクル・ダイアリーズ

旅が人生を変えてしまうことがある。
でも、誰もがそんな旅をするわけではない。
旅の中で何を見るか、何を感じるかこそが重要であり、それが人生を変えてしまうきっかけになるのだと思う。

23歳の医学生エルネストと親友の生化学者アルベルトはぼろバイクに乗って、南米縦断の旅にでる。
金もない、宿もない、終いにはバイクすら失い、それでも彼らは引き返さなかった。
そして、二人はしだいに南米が抱える現実を知り、それぞれ自分の進むべき道を見出していく。

南米の伝説の革命家チェ・ゲバラの青春時代の旅。
ここには革命家としての姿は出てこない。
芯の強い、誰からも好かれる青年の話。
旅が終わるころには、彼らの魅力に引きつけられ、二人が好きになってしまう。

南米の壮大な景色に圧巻され、多様な南米を知るきっかけにもなる。
旅の景色とともに、二人の心も確実に変化していく。
旅好きな人はもちろん、ロードムービー苦手な人も楽しめると思います。

この感動は、「観ればきっとわかる」としか言えないです。
私はあと何回これを観るんだろう。
南米に行きたい。

お気に入り度 ☆☆☆☆☆

<データ>
2004年 イギリス=アメリカ合作
監督 ウォルター・サレス
出演 ガエル・ガルシア・ベルナル/ロドリコ・デラ・セルナ
公式サイト
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://raka.blog12.fc2.com/tb.php/47-f2561813

映画鑑賞感想文『モーターサイクル・ダイアリーズ』
さるおです。 チェ・ゲバラの著作『モーターサイクル南米旅行日記』と親友アルベルト・グラナードの著作を下敷きに制作された映画『THE MOTORCYCLE DIARIES/モーターサイクル・ダイアリーズ』(原題は『Diarios de motocicleta』)を観たよ。 監督は『CITY OF GOD/シティ・オ
The Motorcycle Diaries ★★★
 先日「モーターサイクルダイヤリーズ」のDVD購入しました 劇場上映を観に行ったのですが 何回か観たくモーターサイクル・ダイアリーズ コレクターズエディションを買いましたこれには 「トラベリング ウィズ ゲバラ」というエルネスト・ゲバラと共に無謀な旅に出
モーターサイクル・ダイアリーズ(ウォルター・サレス監督)
モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版★★★  ふーん、ヤマハのセローか…。って、おい!!! それ、おれが学生の時乗ってたバイクじゃん!!!しかも友人に借りパクされた!!もう連絡取れねーし。 ナニー!!! 借りたーっ!? こらっ!! バイクって
モーターサイクル・ダイアリーズ
モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版チェ・ゲバラの青春時代のドキュメンタリー映画。チェ・ゲバラはキューバ革命を行った活動家なんだけど,それについてはほとんど知りません(笑)なのに「なんでこの映画?」と思うかもしれないけど,単純にバイクで南米を縦断するという
モーターサイクル・ダイアリーズ
劇場で観たかったけど見逃してしまった作品です。一度観た映画じゃないとDVDは買わない方なんですが、これは買っちゃいました。いい買い物だったと思います。キューバ革命の中心人物として有名なチェ・ゲバラについてはあまり詳しくないんですが、数年前...
10年前に観てたら、人生変わってたかも!? 「モーターサイクル...
23歳の医学生エルネスト(のちのチェ・ゲバラ)は、親友アルベルトと共に、中古のおんぼろバイクに乗って南米大陸を横断する冒険の旅に出る。それは金も、泊まる当てもなく、好奇心のままに10000キロを走破しようとする、無鉄砲な計画だった。喘息持ちなくせに...
モーターサイクル・ダイアリーズ
チェ・ゲバラとなるきっかけとなった旅を,ラテンの心地良いリズムに乗せて描くロードムービー。
モーターサイクル・ダイアリーズ
超ショック!!プレーオフ一戦目、負けちゃいました・・・。ホークス、プレーオフに弱すぎだよ~(汗)明日は絶対に勝つぞ!!!!!『モーターサイクル・ダイアリーズ』あらすじ『『セントラル・ステーション』のウォルター・サレス監督、ガエル・ガ...

コメント

旅に出たくなる映画ですね
さるおです。

> あの2人の人柄と意志の強さに憧れてしまうからかなーって思います。

エルネストは寡黙で照れ屋で情熱は秘めているタイプ、アルベルトは陽気で積極的で情熱を発散するタイプ。対照的で、お互いを輝かせていますね。

南米に行きたいね!さるおはベネズエラに行きたい。南の方も行きたい。
アフリカも、西と東と南ではまったく違う顔をしています。広いんだからあたりまえだけど。くまなく見て回りたいなぁ。
わざわざ
こっちまで、ありがとうございます。
旅行ではなく、あくまで旅がしたい感じです。
世界は広くて、その一部を知るきっかけになるのが、映画だと思ってます。
 コメントありがとうございました。旅…、したいですね。
 今年の春に、ピラミッドとパルテノン神殿とカッパドキアをみてきました。まあ、新婚旅行だったんですが、サラリーマンであるため、これであと数十年は長期の旅行は無理です。はー。
 学生のころみたいに、何ヶ月もひとつの土地に沈没するような旅を、も一回したいもんです。
>つるつる(H)さん

わざわざありがとうございます。
新婚旅行で行かれたなんて、素敵ですね。
カッパドキアは私もいったことあります。スターウォーズの撮影に使われたことがあるそうです。
あー、言われてみれば宇宙っぽいかもって思いました。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

テクノラティプロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。