スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靴に恋して

靴に視点をあてて、5人の女の生き方を捉えたヒューマンドラマとでもいうのかな。
靴と人生をかけているのは面白いと思いました。
登場する靴、すんごいかわいい☆
靴を愛する女の気持ちには共感。
ついつい見た目だけで靴を選ぶと、足が痛くて大変なんだよね。
この作品はそれを人生に置き換えて表現してるのかも。

こういう作品の魅力って、登場人物の運命が交錯しているとこ。
人間関係って不思議だなーと思ってしまう。

個人的には、もっと「靴!靴!!靴!!」って感じのイメージを期待していたので、ちょっと物足りなかったです。
後から解説読むと、あぁなるほどねって感じるんだけど、最初観てる段階だと、靴のエピソードがちょっと強引に感じるところもあったかな。
「靴に恋して」という邦題がちょっとミスマッチな気がします。

お気に入り度 ★★

<データ>
2004年スペイン
監督 ラモン・サラサール
公式HP
↑注:ここ、ストーリー全部書いてあります。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://raka.blog12.fc2.com/tb.php/51-2a16aa5a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

テクノラティプロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。