スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビフォア・サンセット

忘れられない人との再会。
誰もが一度くらいは、願ってしまうことだろう。
もしもあの時…、もしももう一度出会えたら…。
そういう想いは、たぶん年を重ねるごとに増えていくんだろうなぁ。
そういう”誰か”を思い出さずにはいられなくなる作品。

恋愛映画の多くはハッピーエンドで終わる。
けれど、どうせ3年後には次の(運命的な)出会いが待ってるんでしょ?なんて、思ってしまう人。
…それは私ですが、この作品はそんな現実的思考に沿ったリアルなラブ・ストーリーだと思う。

「恋人までの距離(ビフォア・サンライズ)」で出会った2人の、9年後の再会の物語。

かつてユーロトレインで出会い、ウィーンで一晩だけすごしたジェシーとセリーヌ。
意気投合したものの、半年後に再会する約束だけをして別れてしまう。
けれども、約束が果たせぬままに9年が過ぎる。
ジェシーはセリーヌとの出会いを小説にし、そのプロモーションで再びパリを訪れた。

再会した2人は、わずかな間に9年分の積もる話をする。
再会が果たせなかった理由、今の生活や恋愛のこと、価値観、それから…。

すっごいリアルな会話がどんどん飛び出てくる。
けれども、この2人、なかなか本当の気持ちが言えないらしい。
タイムリミットが近づくにつれて焦りとじれったさが表面にでてきて、観ているこっちまで焦ってしまう。

うーーーーー!早く、好きだと言え!!

もうすぐ映画が終わってしまうのに、あんたたちどうするの?!……って、最後の最後まで、じらされる。
巧みな戦略だわ。

年を取ると、好きっていうだけではどうにもならないことあるんだなと思った。
お互いのポリシーとか、状況とか、いろいろ複雑になってしまうんだね。

別に前作を観なくても楽しめると思うけど、前作は前作でおもしろい。
これまた、最後まで引っ張るジェットコースター的会話劇。
登場人物の過去と今を観れるなんてあまりないから、よりリアルに感じられる。

恋愛って、難しい。

お気に入り度 ★★★★

<データ>
2004年アメリカ
監督 リチャード・リンクレーター
出演 イーサン・ホーク/ジェリー・デルピー
公式サイト
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://raka.blog12.fc2.com/tb.php/65-d01bbedb

ビフォア・サンセット
ビフォア・サンセット前代未聞の恋愛映画ともいわれた「恋人までの距離(ディスタンス)」から、9年。ジュリーとデルビーのウィーンでの別れから、9年。まさか、続編が作られるとは。ふたりは約束を果たせたのか。9年の月日をどのように過ごしたのか。怖い
「ビフォア・サンセット」
イーサン・ホーク(=ユマ・サーマンの元夫)が主演だったので・・・なんに気なしにDVD借りてみました。2004年製作のラブ・ストーリー、81分もの。 あらすじ以下ネタバレ注意↓(反転モード・・左クリックのままマウスを動かしてね)作家のジェシー(イーサン・ホ

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

テクノラティプロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。