スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッバイ、レーニン!

にわかなドイツ映画ブームの火付け役とも言える作品。

共産主義下の東ドイツで熱血社会主義者の母と暮らす青年アレックス。
ある日、母が心臓発作で倒れ、意識不明に陥ってしまう。
その間にベルリンの壁は崩壊し、社会は劇的に変化していった。
数ヶ月後に目が覚めた母。母に大きなショックを与えないために、アレックスは東ドイツ体制が続いているかのように、振舞うことを決心する…。

母親のために必死になって、東ドイツ体制を演じる彼。
劇的な環境の変化は周囲の人々の感情までも、大きく変えた。
協力を嫌がる人、限界を感じる人。
でも、彼の母を守ろうとする気持ちはじわじわ伝わってくる。
家族とか、友人関係についてしみじみ想わせる。

すんごくあったかい映画。
でも、同時にすんごく切ない映画。

変化は避けられないし、時代は変化するんだよね。
変化を受け入れる人と、変化に取り残される人。
お母さんも最後は気がついたんじゃないかな。

劇中にアレックスが借りたアパートは、元の住人がハンガリーから帰ってこないと言っていました。
ベルリンの壁崩壊を引き起こした出来事に、「ピクニック計画」というものがあります。
亡命希望者がハンガリーの最西端の町に終結し、集会に参加するというものです。
集会というのは見せかけで、国境に集まった人々は一気に国境を越え、西に亡命しました。

国が滅びるという事実が実際にあったんだよなぁ。
それを感じずにはいられない作品でした。

でも、全体的にポップでほのぼのした感じが好きです。
旧東ドイツ時代のアイテムの数々もレトロでかわいいー。

お気に入り度 ☆☆☆☆

<データ>
2003年ドイツ
監督・脚本 ヴォルフガング・ベッカー
出演 ダニエル・ブリュール
公式HP




スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://raka.blog12.fc2.com/tb.php/79-e4326cea

「グッバイ、レーニン!」
「~レーニン」だからソ連ものかと思いきや、ドイツ映画でした。東西ドイツの統一時の体制の変化に翻弄される家族をユーモラスに描いてます。2003年製作のファミリー・ドラマ、121分もの。あらすじ以下ネタバレ注意↓(反転モード)主人公はアレックス、テレビ修理店
グッバイ、レーニン!
東ドイツ製の製品を必死に探したり、うそを信じ込ませるために自作のニュース番組まで作ったり。そんなアレックスの姿は笑いを誘いますが、本人はいたって真剣。すべては母のための嘘なのです。ユーモアの中には家族への深い愛があるのです。
グッバイ、レーニン!
2003/ドイツ(121分)監督 ヴォルフガング・ベッカー出演 ダニエル・ブリュール/カトリーン・ザース/マリア・シモン/チュルパン・ハマートヴァストーリー 1989年、東ベルリン。アレックスの父は10年前に家族を捨て、西側に亡命してから、母クリスティアーネは、ますます愛

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

テクノラティプロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。