スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイキャプテン

クラシカルでファンキー。
単純なヒーローアクションものをここまで堂々とやってしまうのが、すごい。
完全に開き直ってる感じ。
コミカルに徹底していて、中途半端さがない。
だから、観ていて気分が良かった。

監督は家のガレージで4年かけて、この作品も元となる短編を作ったそうだ。
全てブルーシートの前で撮影したCG作品。
ジュードロウもCGに見えてくる。

「映画は遊びだ!!」ってことかな?

お気に入り度 ★★★

<データ>
2004年アメリカ
監督 ケリー・コンラン
出演 ジュード・ロウ
   グウィネス・パルトロウ
   アンジェリーナ・ジョリー
公式サイト







スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://raka.blog12.fc2.com/tb.php/93-59a1166a

娯楽活劇!! ―DVD評:スカイキャプテン―
 先日発売された「スカイキャプテン」のDVDを購入、さっそく 観た。劇場公開時、テレビコマーシャルで流れていた、セピア調の レトロっぽい映像がものすごく気になっていたのだが、見過ごして しまい、残念に思っていた作品である。そういうわけでDVDを観た のだが、なかな.
「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」
最近よくご登場の男・・・ジュード・ロウ主演でございます。なかなかひらりんに顔を覚えてもらえない彼ですが・・・原題は「SKY CAPTAIN AND THE WORLD OF TOMORROW」。2004年製作のSFアクション・アドベンチャー、107分もの。あらすじ1939年のニューヨーク。科
「スカイ・キャプテン」劇場にて
富山シアター大都会で『誰にでも秘密がある』を観たあと、即ファーボーレTOHOに移動、到着したのが15時33分、上映開始が15時40分。まるで計算したかのようなタイミングでございます。で観たのが『スカイ・キャプテン -ワールド・オブ・トゥモロー-』でございます。主演が「
スカイキャプテン
オフィシャルサイト → スカイキャプテン1939年のニューヨーク。突如、空から巨大ロボットが舞い降り、街を破壊し始めた。新聞記者のポリー(グウィネス・パルトロウ)は、カメラを手にスクープを狙い外に出るが、危うくロボットに踏み潰されそうになる。間一髪を救ったのが
スカイキャップテン ワールド・オブ・トゥモロー      ~新作DVD~
こういう作品のジャンルって正確には何といったら良いのだろうか、SFアドベンチャーというのが一般的なんだろうけど、SFっていうと、どうも時間軸を考えると未来の様が気がして、こういう「少し過去」のSFっていうのは違う言葉での定義づけが必要な気がする。というか、日本
スカイキャプテン-ワールド・オブ・トゥモロー-
 幻想美にこだわったCG技術を惜しげなく使って作られた超娯楽大作SFアドベンチャー{/kaeru_en2/}観る前はあんま期待してなかったけど千尋はこれ好きっすね{/star/}なんというか力抜いて安心して楽しめるし{/hiyo_en2/}コミックブックを読むような気持ちで観れば楽しめる

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

テクノラティプロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。