スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカン・スプレンダー

冴えなくてつまらない日々を送っていたハービー・ピーカー。
ある日、そんな自分の日常をコミックにすることを思いついた!

ちょっと嫌な人間に思えたり、ちょっと優しそうに見えたり、ちょっと寂しそうに見えたり…。
「アメリカン・スプレンダー」なんてタイトルとは正反対の普通の日々。
これ、皮肉でつけたタイトルらしい。
毒舌吐いてるし、心配性だし、自分勝手だし。
それなのに、全然嫌味じゃない。
むしろ健全な気がする。
だって、本当はみんなそんな感じだもん。

漫画のハービーとか、本物のハービーとか、いろんなハービーが登場するので、最後まで飽きない。
最初のシーンがコミックのフレームで始まった時点で…なにこれ?とわくわくしてしまった。

ちょっと落ち込んでるとき、うっぷん溜まってるときなんかにオススメです。

お気に入り度 ★★★★

<データ>
2003年アメリカ
監督・脚本 シャリ・スプリンガー・バーマン/ロバート・プルチーニ
主演 ポール・ジアマッティ/ホープ・ディヴィス/ハービー・ピーカー 
公式サイト

アメリカン・スプレンダー

冴えなくてつまらない日々を送っていたハービー・ピーカー。
ある日、そんな自分の日常をコミックにすることを思いついた!

ちょっと嫌な人間に思えたり、ちょっと優しそうに見えたり、ちょっと寂しそうに見えたり…。
「アメリカン・スプレンダー」なんてタイトルとは正反対の普通の日々。
これ、皮肉でつけたタイトルらしい。
毒舌吐いてるし、心配性だし、自分勝手だし。
それなのに、全然嫌味じゃない。
むしろ健全な気がする。
だって、本当はみんなそんな感じだもん。

漫画のハービーとか、本物のハービーとか、いろんなハービーが登場するので、最後まで飽きない。
最初のシーンがコミックのフレームで始まった時点で…なにこれ?とわくわくしてしまった。

ちょっと落ち込んでるとき、うっぷん溜まってるときなんかにオススメです。

お気に入り度 ★★★★

<データ>
2003年アメリカ
監督・脚本 シャリ・スプリンガー・バーマン/ロバート・プルチーニ
主演 ポール・ジアマッティ/ホープ・ディヴィス/ハービー・ピーカー 
公式サイト

スカイキャプテン

クラシカルでファンキー。
単純なヒーローアクションものをここまで堂々とやってしまうのが、すごい。
完全に開き直ってる感じ。
コミカルに徹底していて、中途半端さがない。
だから、観ていて気分が良かった。

監督は家のガレージで4年かけて、この作品も元となる短編を作ったそうだ。
全てブルーシートの前で撮影したCG作品。
ジュードロウもCGに見えてくる。

「映画は遊びだ!!」ってことかな?

お気に入り度 ★★★

<データ>
2004年アメリカ
監督 ケリー・コンラン
出演 ジュード・ロウ
   グウィネス・パルトロウ
   アンジェリーナ・ジョリー
公式サイト







スカイキャプテン

クラシカルでファンキー。
単純なヒーローアクションものをここまで堂々とやってしまうのが、すごい。
完全に開き直ってる感じ。
コミカルに徹底していて、中途半端さがない。
だから、観ていて気分が良かった。

監督は家のガレージで4年かけて、この作品も元となる短編を作ったそうだ。
全てブルーシートの前で撮影したCG作品。
ジュードロウもCGに見えてくる。

「映画は遊びだ!!」ってことかな?

お気に入り度 ★★★

<データ>
2004年アメリカ
監督 ケリー・コンラン
出演 ジュード・ロウ
   グウィネス・パルトロウ
   アンジェリーナ・ジョリー
公式サイト






2046

なんでウォン・カーウァイの映像って、ノスタルジックなのに未来的なんだろう。
「2046」に限らず、どの作品でもそう思う。
未来なのに過去みたいで、過去なのに未来みたい。
…全くの別世界。
そんな感じがする。

「2046」はふたつのストーリーが絡み合っている。
1960年代の香港で、近未来小説を書く男の話。
2046に向かう列車の中にいる、小説の中の男。
未来と現在、空想と現実が入り乱れたラブストーリー。

視線やため息の一つ一つが、今にもあふれ出しそうな彼らの想いを感じさせる。
こんなにせつないラブストーリーは、そうそうない。

「花様年華」を観るともっとわかりやすくなるかも。
チャウのちょっと前の話。
でも、私が一番好きなのはやっぱり「恋する惑星」。

この映画、全国ロードショーとかしない方が良かったんじゃないかなと思う。
キムタクだから観た人は微妙な感じだろうなぁ。

お気に入り度 ★★★★

<データ>
2004年香港
監督 ウォン・カーウァイ
出演 トニー・レオン/木村拓哉/フェイ・ウォン/チャン・ツイィー
公式サイト






2046

なんでウォン・カーウァイの映像って、ノスタルジックなのに未来的なんだろう。
「2046」に限らず、どの作品でもそう思う。
未来なのに過去みたいで、過去なのに未来みたい。
…全くの別世界。
そんな感じがする。

「2046」はふたつのストーリーが絡み合っている。
1960年代の香港で、近未来小説を書く男の話。
2046に向かう列車の中にいる、小説の中の男。
未来と現在、空想と現実が入り乱れたラブストーリー。

視線やため息の一つ一つが、今にもあふれ出しそうな彼らの想いを感じさせる。
こんなにせつないラブストーリーは、そうそうない。

「花様年華」を観るともっとわかりやすくなるかも。
チャウのちょっと前の話。
でも、私が一番好きなのはやっぱり「恋する惑星」。

この映画、全国ロードショーとかしない方が良かったんじゃないかなと思う。
キムタクだから観た人は微妙な感じだろうなぁ。

お気に入り度 ★★★★

<データ>
2004年香港
監督 ウォン・カーウァイ
出演 トニー・レオン/木村拓哉/フェイ・ウォン/チャン・ツイィー
公式サイト





Ray/レイ

レイ・チャールズは正直名前くらいしか知らなかった。
けれども映画のコピーにあるように、彼が音楽と生きることの<天才>だったということは、間違いないと感じた。
神様と言われた人物の、あまりにも人間くさい人生。

そして、本人の映像をこれまでみたことはなかったけど、映画の中の彼が”本物”なんだと思ってしまうほどの、ジェイミー・フォックスの演技の完成度の高さ。
「レイ本人が乗り移ったかのような…」って言われてたけど、レイをよく知らなくても、思わず納得。
「これが本人です」って言われたら、やっぱりっ!て思ってしまうかも。
リアルだった。
しかも自分でピアノも弾いてるっていうから、さらにびっくり!

すごい映画でした。
本当に魂を感じる。
CD聞かなきゃ!

お気に入り度 ★★★★

<データ>
2004年アメリカ
監督 テイラー・ハックフォード
主演 ジェイミー・フォックス
公式サイト
77回 アカデミー賞主演男優賞・音響賞受賞




Ray/レイ

レイ・チャールズは正直名前くらいしか知らなかった。
けれども映画のコピーにあるように、彼が音楽と生きることの<天才>だったということは、間違いないと感じた。
神様と言われた人物の、あまりにも人間くさい人生。

そして、本人の映像をこれまでみたことはなかったけど、映画の中の彼が”本物”なんだと思ってしまうほどの、ジェイミー・フォックスの演技の完成度の高さ。
「レイ本人が乗り移ったかのような…」って言われてたけど、レイをよく知らなくても、思わず納得。
「これが本人です」って言われたら、やっぱりっ!て思ってしまうかも。
リアルだった。
しかも自分でピアノも弾いてるっていうから、さらにびっくり!

すごい映画でした。
本当に魂を感じる。
CD聞かなきゃ!

お気に入り度 ★★★★

<データ>
2004年アメリカ
監督 テイラー・ハックフォード
主演 ジェイミー・フォックス
公式サイト
77回 アカデミー賞主演男優賞・音響賞受賞



靴に恋して

靴に視点をあてて、5人の女の生き方を捉えたヒューマンドラマとでもいうのかな。
靴と人生をかけているのは面白いと思いました。
登場する靴、すんごいかわいい☆
靴を愛する女の気持ちには共感。
ついつい見た目だけで靴を選ぶと、足が痛くて大変なんだよね。
この作品はそれを人生に置き換えて表現してるのかも。

こういう作品の魅力って、登場人物の運命が交錯しているとこ。
人間関係って不思議だなーと思ってしまう。

個人的には、もっと「靴!靴!!靴!!」って感じのイメージを期待していたので、ちょっと物足りなかったです。
後から解説読むと、あぁなるほどねって感じるんだけど、最初観てる段階だと、靴のエピソードがちょっと強引に感じるところもあったかな。
「靴に恋して」という邦題がちょっとミスマッチな気がします。

お気に入り度 ★★

<データ>
2004年スペイン
監督 ラモン・サラサール
公式HP
↑注:ここ、ストーリー全部書いてあります。

靴に恋して

靴に視点をあてて、5人の女の生き方を捉えたヒューマンドラマとでもいうのかな。
靴と人生をかけているのは面白いと思いました。
登場する靴、すんごいかわいい☆
靴を愛する女の気持ちには共感。
ついつい見た目だけで靴を選ぶと、足が痛くて大変なんだよね。
この作品はそれを人生に置き換えて表現してるのかも。

こういう作品の魅力って、登場人物の運命が交錯しているとこ。
人間関係って不思議だなーと思ってしまう。

個人的には、もっと「靴!靴!!靴!!」って感じのイメージを期待していたので、ちょっと物足りなかったです。
後から解説読むと、あぁなるほどねって感じるんだけど、最初観てる段階だと、靴のエピソードがちょっと強引に感じるところもあったかな。
「靴に恋して」という邦題がちょっとミスマッチな気がします。

お気に入り度 ★★

<データ>
2004年スペイン
監督 ラモン・サラサール
公式HP
↑注:ここ、ストーリー全部書いてあります。

フォーガットン(ネタバレあり)

これ、3月に飛行機の中でみました。
もう公開だからここにもメモっておきます。

かつて事故で息子を亡くしたテリー。
ある日家族写真から息子の姿が消えていた。
そして、次第に周囲の人間が「息子なんていないよ」と口にする…。

自分が壊れているのか?周囲が異常なのか?
一体何が起きているのか?!

前半はこんな風に、ドキドキしながらみてました。
 
以下完全にネタバレです。
既に観た、あるいはどーしても気になるかただけどうぞ。




...続きを読む

フォーガットン(ネタバレあり)

これ、3月に飛行機の中でみました。
もう公開だからここにもメモっておきます。

かつて事故で息子を亡くしたテリー。
ある日家族写真から息子の姿が消えていた。
そして、次第に周囲の人間が「息子なんていないよ」と口にする…。

自分が壊れているのか?周囲が異常なのか?
一体何が起きているのか?!

前半はこんな風に、ドキドキしながらみてました。
 
以下完全にネタバレです。
既に観た、あるいはどーしても気になるかただけどうぞ。



...続きを読む

幸せになるためのイタリア語講座

それぞれの悩みや思いを抱えた男女が、週に一回のイタリア語講座に通い始める。
それぞれの思いが絡みあい、いろいろな出来事がぶつかりあい(ホントにいっぱいある)、次第に親睦を深めていく6人。

何かが特別でもなく、奇跡が起きるわけでもなく、普通の人の普通の恋の話。

誰もが、毎日自分の日常を生きるので精一杯。
そうなんだよ、大変なの。
でも、幸せになるためには、ちょっとの勇気をだすことが大切なんだね。

観終わったら、ふーっと深呼吸して、肩をまわして、リラックスしたくなる映画。
だから「しみじみ。」カテゴリーに入れてみました。

お気に入り度 ★★★

<データ>
2004年デンマーク
監督 ロネ・シェルフィグ
公式サイト

幸せになるためのイタリア語講座

それぞれの悩みや思いを抱えた男女が、週に一回のイタリア語講座に通い始める。
それぞれの思いが絡みあい、いろいろな出来事がぶつかりあい(ホントにいっぱいある)、次第に親睦を深めていく6人。

何かが特別でもなく、奇跡が起きるわけでもなく、普通の人の普通の恋の話。

誰もが、毎日自分の日常を生きるので精一杯。
そうなんだよ、大変なの。
でも、幸せになるためには、ちょっとの勇気をだすことが大切なんだね。

観終わったら、ふーっと深呼吸して、肩をまわして、リラックスしたくなる映画。
だから「しみじみ。」カテゴリーに入れてみました。

お気に入り度 ★★★

<データ>
2004年デンマーク
監督 ロネ・シェルフィグ
公式サイト

お知らせ

FC2へブログを引越しさせてきました。
引き続き、映画の感想などを書き溜めていこうと思います。

読んでくれてる方へ。
いつもありがとうございます。
少しでも映画を観るときの参考になったらいいな。

お知らせ

FC2へブログを引越しさせてきました。
引き続き、映画の感想などを書き溜めていこうと思います。

読んでくれてる方へ。
いつもありがとうございます。
少しでも映画を観るときの参考になったらいいな。

TBって…

どうやるんだろうね?
ブログ始めて2ヶ月近く経つのに、いまいち仕組みがよくわかってない。
コメントするのがせいぜい。

でも、いろんな人の映画の感想と一気に読めたりするから、楽しいね。
ヤフーのレビューなんかよりずっと参考になるし。
ちょっと時間のある時にちゃんと研究しようと思います。

今はとりあえず、思い出した作品からレビュー書いてます。
オススメ作品とか、映画の感想とか、あったら教えてくださいね。
参考にしてみます。

TBって…

どうやるんだろうね?
ブログ始めて2ヶ月近く経つのに、いまいち仕組みがよくわかってない。
コメントするのがせいぜい。

でも、いろんな人の映画の感想と一気に読めたりするから、楽しいね。
ヤフーのレビューなんかよりずっと参考になるし。
ちょっと時間のある時にちゃんと研究しようと思います。

今はとりあえず、思い出した作品からレビュー書いてます。
オススメ作品とか、映画の感想とか、あったら教えてくださいね。
参考にしてみます。

モーターサイクル・ダイアリーズ

旅が人生を変えてしまうことがある。
でも、誰もがそんな旅をするわけではない。
旅の中で何を見るか、何を感じるかこそが重要であり、それが人生を変えてしまうきっかけになるのだと思う。

23歳の医学生エルネストと親友の生化学者アルベルトはぼろバイクに乗って、南米縦断の旅にでる。
金もない、宿もない、終いにはバイクすら失い、それでも彼らは引き返さなかった。
そして、二人はしだいに南米が抱える現実を知り、それぞれ自分の進むべき道を見出していく。

南米の伝説の革命家チェ・ゲバラの青春時代の旅。
ここには革命家としての姿は出てこない。
芯の強い、誰からも好かれる青年の話。
旅が終わるころには、彼らの魅力に引きつけられ、二人が好きになってしまう。

南米の壮大な景色に圧巻され、多様な南米を知るきっかけにもなる。
旅の景色とともに、二人の心も確実に変化していく。
旅好きな人はもちろん、ロードムービー苦手な人も楽しめると思います。

この感動は、「観ればきっとわかる」としか言えないです。
私はあと何回これを観るんだろう。
南米に行きたい。

お気に入り度 ☆☆☆☆☆

<データ>
2004年 イギリス=アメリカ合作
監督 ウォルター・サレス
出演 ガエル・ガルシア・ベルナル/ロドリコ・デラ・セルナ
公式サイト

モーターサイクル・ダイアリーズ

旅が人生を変えてしまうことがある。
でも、誰もがそんな旅をするわけではない。
旅の中で何を見るか、何を感じるかこそが重要であり、それが人生を変えてしまうきっかけになるのだと思う。

23歳の医学生エルネストと親友の生化学者アルベルトはぼろバイクに乗って、南米縦断の旅にでる。
金もない、宿もない、終いにはバイクすら失い、それでも彼らは引き返さなかった。
そして、二人はしだいに南米が抱える現実を知り、それぞれ自分の進むべき道を見出していく。

南米の伝説の革命家チェ・ゲバラの青春時代の旅。
ここには革命家としての姿は出てこない。
芯の強い、誰からも好かれる青年の話。
旅が終わるころには、彼らの魅力に引きつけられ、二人が好きになってしまう。

南米の壮大な景色に圧巻され、多様な南米を知るきっかけにもなる。
旅の景色とともに、二人の心も確実に変化していく。
旅好きな人はもちろん、ロードムービー苦手な人も楽しめると思います。

この感動は、「観ればきっとわかる」としか言えないです。
私はあと何回これを観るんだろう。
南米に行きたい。

お気に入り度 ☆☆☆☆☆

<データ>
2004年 イギリス=アメリカ合作
監督 ウォルター・サレス
出演 ガエル・ガルシア・ベルナル/ロドリコ・デラ・セルナ
公式サイト

Revolution6(レボリューション6)

「暴発するヤバイ過去。」
お馬鹿なパンクムービーかと思いきや、これが泣かせる青春ムービーじゃないの。

かつてアナーキーな抵抗運動をしていた6人の若者。
時代の変化とともにばらばらになり、それぞれの人生を歩んでいた。
そんなある日、空き屋の豪邸で爆発が起こる。
それは彼らが15年前に仕掛け、不発のまま放置されていた爆弾だった。
今も活動を続けているティムとロッテは、かつての仲間を集め、警察に押収された証拠フィルムを取り戻そうと計画を練る。
しかし、15年の月日は彼らの友情に大きな亀裂をもたらしていた―。

細かい設定とか、ちょっと強引。
でも、彼らの友情にはケチつけられない。
溝を埋めあい、再び理解しあう彼らの姿に、じーんときた。
この規模の作品だから、彼らに共感できる部分があるんだと思う。
「青春」とか「友情」とかが、あんまり仰々しくなってない。

ラストシーンが私は好きです。
ミニシアター系に慣れてる方へ、おすすめの作品です。
でも、好き嫌いはっきりする作品だと思います。

お気に入り度 ☆☆☆☆

<データ>
2003年ドイツ
監督 グレゴー・シュニッツラー
出演 ティル・シュバイガー/クラウス・ルビッシュ ら
公式サイト 












Revolution6(レボリューション6)

「暴発するヤバイ過去。」
お馬鹿なパンクムービーかと思いきや、これが泣かせる青春ムービーじゃないの。

かつてアナーキーな抵抗運動をしていた6人の若者。
時代の変化とともにばらばらになり、それぞれの人生を歩んでいた。
そんなある日、空き屋の豪邸で爆発が起こる。
それは彼らが15年前に仕掛け、不発のまま放置されていた爆弾だった。
今も活動を続けているティムとロッテは、かつての仲間を集め、警察に押収された証拠フィルムを取り戻そうと計画を練る。
しかし、15年の月日は彼らの友情に大きな亀裂をもたらしていた―。

細かい設定とか、ちょっと強引。
でも、彼らの友情にはケチつけられない。
溝を埋めあい、再び理解しあう彼らの姿に、じーんときた。
この規模の作品だから、彼らに共感できる部分があるんだと思う。
「青春」とか「友情」とかが、あんまり仰々しくなってない。

ラストシーンが私は好きです。
ミニシアター系に慣れてる方へ、おすすめの作品です。
でも、好き嫌いはっきりする作品だと思います。

お気に入り度 ☆☆☆☆

<データ>
2003年ドイツ
監督 グレゴー・シュニッツラー
出演 ティル・シュバイガー/クラウス・ルビッシュ ら
公式サイト 











es(エス)

始まりは、ある大学の心理学部が出した新聞広告。
「被験者求む。模擬刑務所で2週間の心理実験。―」
タクシー運転手のタレクは、この実験の記事を書き、ジャーナリストとして再起しようとしていた。
集まった被験者達は「看守役」と「囚人役」に分けられ、模擬刑務所に収容された。
そしてルールに従い、「役」を演じるだけのはずだったのだが…。

この映画はどんなサイコ映画よりも怖い。
誰もが秘めている凶暴性、人間の心理の脆弱さを浮き彫りにしている。
看守は看守らしく、囚人は囚人らしく。
「状況」が「役割」が、彼らの人格を歪めていく。
歪められた人格の責任は誰にかかるのか?

これ、本当に行われた実験なんだよね。
しかも本国アメリカでは今だに訴訟中であり、映画も未公開。
だからこそ、よけいに恐ろしい。
社会学や心理学を勉強している人には馴染みのある事例でしょう。

大なり小なり、人間は役割を演じて生きている。
「部長」「○○社の営業」「母親」…。
部長は部長らしく、母親は母親らしく。

「どこまで人格を保てるか?」
映画の登場人物もそうだけど、同時にそれは観客に対する警告でもある。
状況に社会化される中で、時には自分に問いかけるべきなのかもしれない。
「今の自分は本当の自分なのか?」ってね。

ごめんなさい。
社会学部出身なので、ついそっち系の感想になってしまいました。
人間の恐怖を浮き彫りにした映画として、純粋に恐ろしくなるでしょう。
ハマリます。

お気に入り度 ☆☆☆☆

<データ>
2002年ドイツ
監督 オリバー・ヒルツェヴィゲル
出演 モーリッツ・ブライプトロイ(「ラン・ローラ・ラン」)
公式サイト




es(エス)

始まりは、ある大学の心理学部が出した新聞広告。
「被験者求む。模擬刑務所で2週間の心理実験。―」
タクシー運転手のタレクは、この実験の記事を書き、ジャーナリストとして再起しようとしていた。
集まった被験者達は「看守役」と「囚人役」に分けられ、模擬刑務所に収容された。
そしてルールに従い、「役」を演じるだけのはずだったのだが…。

この映画はどんなサイコ映画よりも怖い。
誰もが秘めている凶暴性、人間の心理の脆弱さを浮き彫りにしている。
看守は看守らしく、囚人は囚人らしく。
「状況」が「役割」が、彼らの人格を歪めていく。
歪められた人格の責任は誰にかかるのか?

これ、本当に行われた実験なんだよね。
しかも本国アメリカでは今だに訴訟中であり、映画も未公開。
だからこそ、よけいに恐ろしい。
社会学や心理学を勉強している人には馴染みのある事例でしょう。

大なり小なり、人間は役割を演じて生きている。
「部長」「○○社の営業」「母親」…。
部長は部長らしく、母親は母親らしく。

「どこまで人格を保てるか?」
映画の登場人物もそうだけど、同時にそれは観客に対する警告でもある。
状況に社会化される中で、時には自分に問いかけるべきなのかもしれない。
「今の自分は本当の自分なのか?」ってね。

ごめんなさい。
社会学部出身なので、ついそっち系の感想になってしまいました。
人間の恐怖を浮き彫りにした映画として、純粋に恐ろしくなるでしょう。
ハマリます。

お気に入り度 ☆☆☆☆

<データ>
2002年ドイツ
監督 オリバー・ヒルツェヴィゲル
出演 モーリッツ・ブライプトロイ(「ラン・ローラ・ラン」)
公式サイト



トラベリング・ウィズ・ゲバラ

「モーターサイクル・ダイアリーズ」の撮影風景を記したドキュメンタリー。
本編は劇場で観たけど、これがどーしても観たくて、DVDを買ってしまった。

82歳になったアルベルトの思い出をたどる旅。
そして、南米の今と昔の姿を伝え、映画にはでない当時の旅の周辺部もとらえた作品。
おじいちゃんとなったアルベルトは、本当に朗らかで、見ていてかわいいとさえ思えてくる。
撮影スタッフも、俳優たちも、町の人もみんながアルベルトを慕っていて、人間的にすごく魅力のある人だってことがにじみ出てる。
「モータサイクル~」のあんな二人がホントにいたんだなぁって思った。

単なる映画のメイキングではなく、南米とアルベルトを知る立派なドキュメンタリーです。

お気に入り度 ★★★★

Template Designed by DW99

テクノラティプロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。